ナビやタイヤなどカー用品のローン金利を安くする

カーナビとアルミホイール

ナビや、アルミホイールなどのカー用品や、
車検、など・・・

 

自動車に付帯する物を、
ローンで買って、返済する人も多いと思いますが・・・

 

それって、
自動車を買うときのローン金利より
かなり高い金利でしかローンが組めないんです。

 

具体的にお話しすると・・・

 

自動車本体を買う場合のローン金利は、
10パーセント以下のローン金利が、当たり前になっていますが・・・

 

ナビやタイヤなどのカー用品(自動車に付帯する物だけ)を、
ローンで支払う場合は・・・

 

10パーセント以上の高い金利になってしまうのです。

 

ローン会社によって差がありますが
10パーセント台半ばの金利も、めずらしくありません。

 

これは、自動車購入の場合は

ローン会社が、その自動車に所有権という
実質的には、車を担保にとっているので
安い金利でも、ローンを提供できるのですが

 

ナビやタイヤなどの商品には所有権を付けることが出来ません

 

ですから、ショッピングローンとして扱われるので
ローン金利が高くなってしまうのです。

 

そこで、私がすすめる・・・
ナビやタイヤなどのカー用品のローン金利を安くする方法は・・・


ナビやタイヤなどのカー用品のローン金利を安くする方法

自動車を買う時に、
一緒にローンに組み込んでしまう・・・という方法です。

 

自動車購入時に一緒にローンを組めば・・・
自動車と同じ金利で支払う事ができます。

 

ですから・・・
後々使うカー用品があるなら、
自動車購入時に、一緒に買ってしまいましょう。

 

たとえば・・・
雪国の方なら、スタッドレスタイヤとホイールは必需品ですよね・・・

 

しかし、後から必ず買わなければいけないハズの
スタッドレスタイヤであっても、

 

春から夏にかけての時期に車を買う場合、
一緒に買うケースは少ない傾向にあります。

 

冬になって、現金で買うつもりなら問題ありませんが・・・
その時期になって、ローンで買うつもりなら、
車の購入時に一緒に買った方が、だんぜんお得です。

 

また、ナビゲーションがないと道が分からない人など・・・

 

安いポータブルナビなどを、
現金でかうつもりなら良いですけど・・・

 

ある程度の高価なカーナビを、
カー用品店でショッピングローンを組んだりしたら、
高い金利を払うことになってしまいます。

 

カー用品店の方が、カーナビが安く買えそうなイメージがあると思いますが・・・

 

自動車販売店も、カー用品店も、
カーナビの仕入れ先が、実は同じだったりします・・・。

 

カーナビも、自動車販売店に値段交渉してみると
意外と安く買えたりするのです。

しかし、後からローンを組む必要が出た場合は?

しかし、
自動車を買うときに、カーナビやタイヤなどを買うつもりがなかったのに、

 

後に、必要になって、
ローンを利用する事になったり、

 

車検のローンならば、
車を買うときに、次回の車検のローンを組んでおく・・・
という事は、現実的ではありませんね。

 

車をぶつけてしまった修理代なども、
臨時の出費ですので、
後から、ローンを組む必要が出てくる事例になりますね。

 

これらの、後になっての出費に対し、ローンを組む場合、
その都度、ローンを組んでしまうと、

 

件数に応じて、
月々の支払い額が高額になってしまう結果になってしまいます。

 

この場合、
その都度ローンを組むより、カードローンを利用した方が、
断線お得だし、支払いも楽になります。

 

カードローンは、あらかじめ決められた限度額以内なら、
何度でも借り入れが出来ますし、

 

支払いも、借り入れ額に応じて増えますが、
何件ものローンを支払うより、返済額が低く抑えられますし、
支払先が1カ所で済みます。

 

ひとつ、ユニークで利便性の高いカードローンを紹介しておきます。

 

ここでは、紹介仕しきれないほどのメリットがあるカードローンです。

 

そのメリットや金利などを、以下の公式ページで確認してみて下さい。
オリックス銀行カードローン
私が勧めた理由が分って頂けると思います。

トップへ戻る