自己破産した人はいつになったら復活するの?

頭を抱えるビジネスマン

平成の大不況と、言われている昨今・・・・

 

政府は、景気を上げるべく、
様々な政策を打ち出して来てはいますが・・・

 

大企業であっても、
構造改革のあおりを受けたり・・・

 

海外企業との競争に負けたり・・・

 

リストラや賃金カットを行い、
無理やり業績を上げているケースもありますし・・・

 

企業の合併で、リストラされたり・・・

 

銀行の貸し渋りの影響で、
資金繰りが大変になったり・・・

 

工場なども、生産の拠点を次々に海外に移し・・・
勤務していた会社から、いつリストラされるか・・・・

 

派遣社員の契約期間の打ち切りで、職を失ってしまったり・・・

 

銀行だって、倒産してしまう時代ですから・・・

 

本当に、大変な時代になっています。

 

そんな中、不幸にも自己破産してしまった人も多くいる事でしょう。

 

私も、自己破産した人から・・・

 

「もう自動車ローンは組めないの?」
と、相談を受ける事が、たびたびあるのです。

 

そこで・・・
「自己破産した人が、再び自動車ローンが組める様になるのはいつなのか?」

 

仲良くしている、ローン会社の営業マンに、聞いた話を紹介します。


自己破産した人が、自動車ローンを組める様になる年数は・・・

自己破産した人が次にローンが利用できるようになる期間は、
ずばり、7年だそうです。

 

しかし、7年とは、

 

最後に支払いをした時からか、
支払いを出来なくなった日からか、

 

ではなく・・・

 

裁判所で破産宣告を受けた日から7年との事です。

 

・・・と、スッキリいきたいところですが、それも100%ではありません。

 

それは・・・
破産宣告を受けた後に、クレジット会社の審査機関に登録されてから
7年をカウントするローン会社も多いからです。

 

審査機関に登録されるのは、破産宣告を受けた1ヶ月から3ヶ月ほど、との話でしたが、

完全にデーターが消える、7年を過ぎる前にローンの審査を受けて、断られてしまうと、
その断られたデーターが、しばらくの間(期間は不明)残ってしまい、ローンは組めなくなってしまいます。

 

では、どうすれば良いか?

 

期間は多めに考えて、破産宣告を受けてから8年が過ぎてからローンを組むのがベストでしょう。

 

しかし、いきなりローンを申し込んでも、保証人を求められるパターンが多くを占めます。

 

じゃあ、どうにもならない様ですが、
どの世界にも、裏ワザは存在するようで・・・・

 

その段取りは、

まず、クレジットカードを作るのです。
そして、小額の支払いでも、クレジットカードを使用する事で、
クレジットカード会社に、支払いの実績データーが蓄積されていきます。

 

しばらくカードの使用で実績を作り、オートローンを申し込むのです。

 

何も実績の無い人とは、全然違う審査の結果を得られるはずです。

自動車ローンとクレジットカードに関連した、

以下のカテゴリー内の記事も、参考にして下さい。

 

自動車ローン審査に良い影響を与える、クレジットカード利用術

 

また・・・
私の様な者が言うべき事では無いのでしょうが・・・

 

自己破産した人が、
ふたたび自動車ローン審査に通ったり、クレジットカードを持つことが出来た場合は・・・

 

今後は、リストラにあったり、職が無くなった場合でも、
貯金をしておくなど、あらかじめ備えておき・・・

 

2度と、自己破産しないように注意して下さい。

 

8年で復活するとはいえ・・・8年は、とても長いですよ。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

トップへ戻る